米国の一部のユーザには、PlayStation VRに対応したYouTube Ver. 1.09がリリースされたとのニュースが昨年の12月22日頃からネット上で掲載されていましたが、ついに、PlayStation VRに完全対応のYouTube Ver. 1.10が本日(2017年1月19日)にリリースされました。

体験してみた感想ですが、「凄い」ですね。スカイダイビングでは、ジェットコースターは、回転が激しいのでVR酔いしました。また、サメとの遭遇シーンは、想像以上にサメが大きく、至近距離を横切っていくので恐怖を感じます。また、スカイダイビングでは、着陸のシーンが凄くリアルで、地上の障害物に思わず体が反応します。

なお、テレビ画面上では結構きれいに見えますが、VRのゴーグルで見ると、画質がいまいちに感じます。ま、通信速度が遅いために、4K画像では表示されていないことが原因かも知れません。